e治験.com by 生活向上WEB

e治験.com by 生活向上WEB

トップページ > 病気事典 > 消化器系 > 肝臓病(肝炎)

肝臓病(肝炎)

気になる病気の症状・原因・予防

肝臓病(肝炎)は早期発見・治療が重要
人一倍働き者で、我慢強い肝臓は、少しぐらいダメージを受けても黙って働きつづけてしまいます。
そのため、肝臓病(肝炎)を防ぐには早期発見・治療がとても大切です。

  • 症状
  • 原因
  • 検査
  • 治療
  • 予防
  • 治験情報

肝臓病(肝炎)の症状

肝炎とは

肝炎とは

人一倍働き者で、我慢強い肝臓。少しぐらいダメージを受けても黙って働きつづけてしまうので、病気になっていることに気づきにくいのが肝臓病です。
肝炎 → 肝硬変 → 肝がんと症状が進んでしまわないように、健康診断で肝機能の異常を指摘された方は、1度精密検査を受けることをおすすめします。

肝炎とは、いうまでもなく肝臓に炎症が起こった状態で、赤く腫れて熱を持ち、触ると痛みを感じます。単に「肝炎」というとウイルス性肝炎を指しますが、その他に肝炎を起こす原因として薬剤、アルコール、アレルギー等があります。日本人の肝炎の約80%が、肝炎ウイルスが原因といわれています。

肝炎の症状

肝炎の感染原因はなんであっても、症状は似ていますが、発症の仕方や症状の経過から大きく3つに分類することができます。
突然的に発症し一過性の急性肝炎、6ヶ月以上症状のおさまらない(検査数値が正常に戻らない)慢性肝炎、急性肝炎のうち特殊なもので1週間から10日で死に至ることが多い劇症肝炎の3つがあります。

急性肝炎

急性肝炎はウイルスに感染してから数週間から数ヵ月後、または、薬剤を初めて投与されてから数週間後に発症します。一般的な症状としては、全身倦怠感、食欲不振、黄疸などです。このような症状がでてしまったら、血液検査などで肝炎の程度や原因を調べる必要があります。
急性肝炎の治療法は入院して安静にしていることが基本です。食欲がない場合は、点滴を行って体力の維持に努めます。急性肝炎はほとんどの場合、数ヵ月で症状はおさまります。

急性肝炎の症状の経過

潜伏期 症状はみられません。
前駆期 黄疸に先行して風邪のような症状(全身倦怠感、発熱、頭痛、関節痛、悪心、食欲不振、右脇腹痛など)がみられます。
黄疸期 前駆期の症状が軽快してくる頃、黄疸が見られるようになります。
回復期 ほとんど自覚症状はみられません。

慢性肝炎

慢性肝炎は急性肝炎が治りきらずに、肝細胞の破壊と修復が6ヶ月以上にわたって絶え間なく続いている状態をいいます。肝臓病の中で一番多いのがこの慢性肝炎で、一部は肝硬変へ進むことがあります。
人によっては、体のだるさや吐き気、食欲不振などの症状がみられることもありますが、一般的には慢性肝炎の自覚症状はほとんどありません。そのため、慢性肝炎と診断された人の大半は、検診などで偶然見つかったケースです。
なお、慢性肝炎の治療は検査結果に応じて行われますが、肝機能が安定している場合は特別な治療は必要ありません。

劇症肝炎

急性肝炎の中で約1%の方が劇症肝炎になるといわれています。初期症状は急性肝炎と同じですが、普通の急性肝炎の場合は黄疸が出て1週間もすると自覚症状が和らいできますが、劇症肝炎の場合はますますひどくなり肝性脳症という意識障害が出るのが特徴です。
最初の症状が出てから8週間以内に肝性脳症が出て、なおかつプロトロンビン時間(肝機能をみる指標の一つで健康な人を100%とします)が40%以下になると劇症肝炎と診断されます。 また、初期症状から10日以内に肝性脳症がでるものを、急性型、それ以降にでるものを亜急性型と分類しています。
劇症肝炎は脳浮腫、感染症、消化管出血、腎障害等の重い合併症を引き起こすことが多く、多臓器不全の病態を示します。そのため治療は、救命を目的とした全身的なものになります。劇症肝炎は、肝臓病の中でも死亡率がきわめて高く、70~80%の人が死亡しています。

劇症肝炎の諸症状

初期症状
  • 発熱、だるさ、吐き気などかぜのような症状
  • 黄疸
続発症状
  • 鼻血や歯肉出血など出血傾向
  • 脈拍が激しくなる
  • 呼吸が荒くなる
  • 表情が乏しくなる
  • 意識障害が出る
  • 肝性昏睡に至る

ページのトップへ

肝臓病(肝炎)の原因

肝炎の分類

肝炎を引き起こす原因によって大きく4つに分類することができます。日本人の肝炎の約80%を占めるウイルス性肝炎、なかでも日本人に多いA型、B型、C型肝炎の3種類については後で、詳しくとりあげます。

ウイルス性肝炎 肝炎ウイルスが原因で発症します。現在わかっている肝炎ウイルスはA型、B型、C型、D型、E型、G型の6種類ですが、日本人に多いウイルス性肝炎はA型、B型、C型の3種類です。
薬剤性肝炎 服用した薬剤が原因で肝障害を起こす病気です。これには2種類あって、薬そのものの毒性が肝臓を傷つけるものを中毒性肝障害、薬によってアレルギー反応が引き起こされ、過剰な免疫反応が肝臓を攻撃するものをアレルギー性肝障害といいます。
アルコール性肝炎 日頃からお酒を飲みつづけていた人が、何日間か集中して大量にお酒を飲むと起こる病気です。腹痛と発熱をともなって急激に発症します。
自己免疫性肝炎 免疫機構が何らかの原因で異常をきたし、肝障害を引き起こす病気です。圧倒的に若い女性、または更年期の女性に多いのが特徴です。

A型肝炎

A型肝炎とは

A型肝炎ウイルスによって起こる肝炎で、日本で起こる急性肝炎の約40%がA型肝炎だといわれています。また、A型肝炎は感染力が強いのも特徴で、以前は「流行性肝炎」といわれるほど多発していました。 A型肝炎ウイルスの多くは便の中に排泄されるため、その便によって汚染された飲み水や魚介類を摂取することで感染します。つまり経口感染です。
現在は日本国内での感染は減少してきていますが、衛生状態の悪い地域を訪れた旅行者が感染して帰国後に発症するケースが増えています。

どんな症状か

A型肝炎ウイルスに感染すると、2~6週間の潜伏期を経て発症します。高熱、全身倦怠感、下痢、食欲不振など風邪に似た症状が現れます。A型肝炎の場合は、発症が急激であることや発熱頻度が高いことが特徴です。風邪に似た症状が1~2週間続いた後、黄疸が2~4週間ほど続きます。
症状は一過性で、慢性肝炎に移行することはなく、劇症肝炎になることもまれです。また、A型肝炎は1度かかると永久免疫ができ、再感染することがないことも特徴です。

治療法は

A型肝炎は安静にしていれば自然に治りますが、入院をすすめられることが一般的です。初期段階で食欲がないときは点滴によって栄養を補います。

B型肝炎

B型肝炎とは

B型肝炎ウイルスによって起こる肝炎で、B型肝炎ウイルスに汚染された血液が皮膚の傷口等から体内に入り込むことによって感染します。経口感染や空気感染することはなく、原則として個人から個人へ血液感染します。 かつては、輸血で感染する代表的な肝炎の1つでしたが、輸血用の血液のチェック体制が整備されて以来、輸血が原因でB型肝炎に感染するケースはほとんどなくなりました。
現在の主な感染経路は、出産時の母子感染、医療従事者の針事故などによる感染、セックスによる感染などが上げられます。

どんな症状か

B型肝炎は、再感染のない一過性感染と慢性化の恐れのある持続性感染があります。一過性感染とは、B型肝炎ウイルスに感染すると、1~6ヶ月間の潜伏期間を経て急性肝炎を発症します。症状の程度は様々で、発熱や黄疸などの典型的な肝炎の症状のでる人もいれば、症状の全くでない不顕性感染の人も70~80%いるといわれています。健康な成人がはじめてB型肝炎ウイルスに感染した場合は、ほとんどが一過性感染です。
また、免疫機構が未熟な幼少期にB型肝炎ウイルスに感染すると、ウイルスを異物と認識できず肝炎はおこらないかわりに、ウイルスも排除されず体内にウイルスを保有した状態、持続感染となります。このように体内にウイルスを保有してしまう人をキャリアと呼びます。
キャリアの症状の自然経過は、無症候期→肝炎期→肝炎沈静期と推移します。幼少期の無症候期を経て、10代~30代の間に不完全ながら体の免疫機構が働き、B型肝炎ウイルスを排除しようとするため、肝炎が起こります。自覚症状はないか、あっても軽いためウイルス排除には至らず、約10%の人が慢性肝炎へと移行します。

治療法は

急性肝炎ではA型肝炎と同様に、安静が治療の基本です。食欲がないときにはブドウ糖中心の点滴を行い、栄養を与えることが必要です。 慢性肝炎では、肝硬変へ移行するのを食止め慢性肝炎の段階で治癒することが目標です。治療薬は大きく分けて2つあります。
1つは肝炎ウイルスの増殖を抑える抗ウイルス剤(インターフェロン)、もう1つは肝臓の炎症を抑える肝庇護薬です。 また、ステロイド剤の投与を突然中止して炎症を悪化させるリバウンド現象を利用した、ステロイド離脱療法があります。これは慢性肝炎の治療時にステロイドを比較的大量に短期間投与して肝炎を抑制し、その後突然投与を中止します。そうすることで炎症を再燃させ、急性肝炎の状態に持ち込んでウイルスを排除しようという治療法です。

C型肝炎

C型肝炎とは

C型肝炎ウイルスによって起こる肝炎で、B型肝炎ウイルス同様、血液を介して感染します。しかし、C型肝炎ウイルスは感染力が弱いので、単に血液に触れたぐらいでは感染しません。そのため、母子感染やセックスによる感染も極めて少なく、日常生活で移ることはほとんどなく、大部分が輸血によるものです。
しかし、C型肝炎の場合は、成人になってから感染すると治りにくく、7~8割の人が慢性化しています。また、他の肝炎より症状が軽いのも特徴で、発症しても気が付かずに治癒していたり、検診などで慢性肝炎として見つかることがよくあります。

症状は

C型肝炎に感染すると、2~16週の潜伏期間を経て、発熱、頭痛、食欲不振、関節痛など急性肝炎の症状が現れます。しかし、一般に程度が軽く、気づかれないことが多く、7~8割の人が慢性肝炎に移行します。こうなると自然治癒は極めてまれで、放っておくと初期慢性肝炎から後期慢性肝炎、さらには初期肝硬変から、後期肝硬変へと症状は徐々に進行していきます。
しかし、一般的には慢性肝炎や初期肝硬変では自覚症状が乏しいため、進行した肝硬変となってはじめて全身倦怠感や疲れやすいといった症状があらわれてきます。

治療法は

C型急性肝炎も基本的には前述の急性肝炎と同様、安静が基本です。ただし、C型は慢性化する確率が非常に高い肝炎で、7割ぐらいの人が慢性肝炎へと移行します。
C型慢性肝炎の治療の基本はインターフェロン療法です。C型慢性肝炎と確定したら、まずウイルス量と遺伝子のタイプを調べます。これは、インターフェロン療法が適するかどうかを判断するためです。適さない場合は、一般的には肝庇護薬による治療で肝機能の改善を図ることになります。

※C型肝炎については、別ページで詳しくご紹介しています。

肝炎ウイルスの特徴

感染経路 ウイルス 潜伏期間 キャリア 慢性化 特徴
経口感染
(飲食物からうつる)
A型
(HAV)
2~6週 なし なし 海外での感染が多く、旅行者が感染してくる肝炎の80%がA型肝炎です。
E型
(HEV)
2~9週 なし なし ネパールやインド、アフリカを中心に発生。日本では非常にまれです。
血液感染
(血液や体液を通じてうつる)
B型
(HBV)
1~6ヶ月 あり あり 成人してからの感染では、特別なケースを除いて一過性の急性肝炎で治ります。キャリアの人が発症すると慢性化することがあります。
C型
(HCV)
2~16週 あり あり ウイルス自体の感染力は弱いので、母子感染、性行為感染は少なく、C型急性肝炎の人の6~8割は慢性肝炎に移行します。
D型
(HDV)
1~6ヶ月 あり あり 単独では発症しないで、B型肝炎ウイルスと同時感染するか、B型肝炎キャリアに感染します。日本ではまれです。

ページのトップへ

肝臓病(肝炎)の検査と診断

肝臓病の検査

肝臓病は症状が出にくいために検査が非常に重要です。検査には大きく分けて、(1)血液をとって成分を調べる検査、(2)超音波やCTを使って調べる画像診断、(3)肝臓の細胞を採取して調べる肝生検の3つがあります。

血液検査

肝臓病の検査

肝臓の障害は、肝細胞に異常がある場合と、胆石などによって胆汁の流れに異常がある場合の2通り考えられますが、血液検査によって原因を突き止めることができます。
検査の結果、血液中の成分が正常範囲と比較して大幅な増減がみられる場合、肝臓自身に障害が起きていることがわかります。また、肝炎ウイルスの感染が疑われるときには、ウイルスマーカーの検査も行います。

検査項目 基準値(参考値) この検査でわかること
GOT(AST) 10~40単位 肝細胞の破壊によって数値が増加する酵素。正常値より高くなるほど損傷の程度がひどくなります。
GPT(ALT) 5~40単位
γ-GTP 0~50単位 肝臓や胆道系の異常で胆汁の流れが悪くなると数値が高くなります。アルコール性肝障害のとき、著しく上昇します。
ALP 50~260単位 肝臓や胆道系に異常があって胆汁の流れが悪くなると、数値が上昇します。
LDH 200~450単位 肝細胞が障害されたり破壊されると、血液中に流出して値が上昇します。
ChE 170~440単位 肝細胞の働きが低下すると、血液中の数値は低くなります。ただし、脂肪肝のときは上昇します。
血清総たんぱく 6.5~8.5g/dl 肝硬変などで肝臓の働きが低下すると、血液中の値も著しく低下します。
A/G比 1.1~2.0 肝機能が低下すると、血液中のアルブミンは減少し、グロブリンは増加するために低値を示します。
ZTT・TTT ZTT=3~12単位
TTT=0~4単位
血漿たんぱくの異常を調べます。肝機能が低下していると高値を示します。
血清総コレステロール 120~220㎎/dl 肝機能が低下すると、血液中のコレステロールの量が減少し、値が低くなります。
PT(プロトロンビン時間) 10~12秒(70%以上) 血液が凝固するまでの時間(秒)をみます。肝障害があると血液が固まりにくくなるため、時間が延長します。
血清ビリルビン 0.2~1.0㎎/dl 肝細胞や胆道に障害が生じると、血液中にビリルビンが増加して高値を示す。
ICG 10%以下(15分停滞率) 肝硬変などで障害が進むと、肝臓への血流が低下して値が高くなります。
血中アンモニア 30~80μg/dl 肝機能が低下すると、解毒されないアンモニアが血液中に増加するため値が上昇します。

画像診断

画像診断

肝臓病の診断に使われる主な検査は超音波、CT、MRIの3つです。これらの画像診断では、肝臓の大きさ、形、腫瘍の有無、血管の状態などがわかります。

検査項目 長所 短所
超音波:エコー検査
  • 痛みがない
  • X線を使用していないので何回でも受けられる
  • 1cm以下のがんを発見できる
  • 熟練度で診断に差が出る
  • 肥満の人は、皮下脂肪がじゃまして診断しづらい
CT:コンピュータ断層撮影法
  • 超音波では写しにくい部分も撮影できる
  • 画像の再現力が超音波にまさる
  • 技術に依存せず画像に客観性がある
  • 放射線を使用しているので頻繁に使用できない
  • 撮影時に被験者は息を止めなければならない
MRI:磁気共鳴画像検査
  • 画像が縦、横、斜めと自由自在
  • 病変の全体像や隣接臓器との位置関係を把握できる
  • 時間がかかる(約40分)
  • 画質が一定でない
  • 機械が高額

肝生検

血液検査や画像診断が進歩してきたため、肝生検が必要なケースは減ってきましたが、確定診断を行うときには肝生検が必要です。肝生検とは肝臓に針を刺し組織を採取して、その組織を顕微鏡で見て診断を行うものです。
この検査は、麻酔を使って行いますので痛みはありませんが、肝臓に傷をつけるため、検査後は安静にしていることが必要です。

ページのトップへ

肝臓病(肝炎)の治療法

肝炎の治療法

肝炎はそれぞれ急性、慢性の症状がありますが、急性肝炎の時は安静にしておくことが基本です。食欲がなく栄養を十分に取れないときには、ブドウ糖を中心とした点滴により栄養を補います。 しかし、B型肝炎やC型肝炎の方の中には炎症が治まらずに慢性化し、薬による治療が必要になる場合もあります。
薬物療法を始める前には必ず、血液検査や肝生検を行って、病気の進行度や治療効果、副作用発現の可能性などを評価しておくことが重要です。その上で、インターフェロン療法でウイルスを体外へ排除し治癒を目指すのか、対症療法として肝庇護剤を使用して肝臓の炎症を抑える治療を行うかを決定します。ここでは、一般によく使われている薬の効果などについて、できるだけ簡単に説明していきます。

分類 特徴
抗ウイルス剤 インターフェロン 現在の薬物治療の中で、治癒が望める唯一の治療法です。インターフェロンは肝炎ウイルスの増殖を抑え、ウイルスの核酸も最終的に破壊してしまうと考えられ ています。しかし、このお薬は効く人、効かない人があり、治療を開始するための条件が決められています。また、発熱・全身倦怠感など副作用が多いことも知 られています。
肝庇護剤 グリチルリチン製剤 この薬の詳細な作用機序はいまだに不明です。抗アレルギー作用、炎症による組織の障害の抑制、組織の修復の促進、肝細胞膜の保護などの作用があることが知られています。治癒は望めませんが、炎症を抑えることで肝硬変への進行を食止めることが大切です。
小柴胡湯 肝内の炎症を抑制し、免疫力を調節するうえ、線維の増殖も抑えることが知られています。インターフェロンとの併用で間質性肺炎といわれる重篤な副作用が発生することがわかっています。
ウルソデオキシコール酸 肝臓を保護する作用や、胆汁の流れを改善する作用があり、免疫調節作用もあるといわれています。
低アルブミン血漿改善薬 アミノ酸製剤 血液中のアルブミンと呼ばれる肝臓由来のたんぱく質が増加し、腹水や下肢の浮腫が消失し、脳症が改善されます。

※治療に当たっては、必ず専門医にご相談ください。

ページのトップへ

肝臓病(肝炎)の治験情報

詳しくはお問い合わせください。

  • 関連する情報はありません

ページのトップへ

治験とは?

治験とは?

製薬メーカーが開発した薬剤を医薬品(お薬)として世に出す為には、事前に厚生労働省の承認・認可を得ることが法律で義務化されています。
この承認を得るために行う「治療を兼ねた試験」を「治験(ちけん)」と言います。
治験は、前臨床試験で有効性や安全性を十分に確認した後に、健康な人や対象疾患の患者様に対して実施されます。
私たちが普段使う薬は全て、多くの一般の方々が治験ボランティアとして治験に参加した結果、承認されたものです。
同じ悩みを持つ多くの患者様のためにも「治験」へのご協力をお願いいたします。

治験ボランティアとは?

治験に自発的に参加・協力していただける方を「治験ボランティア」と呼んでいます。
治験参加中は、交通費や検査等の負担を軽減する目的で、負担軽減費が支払われます。

治験の流れ

  • 第1相試験

    健康な成人

    安全性や吸収・排泄等の確認

  • 第2相試験

    少数の患者

    用法・用量の確認

  • 第3相試験

    多数の患者

    既存薬やプラセボ等との比較

  • 製造販売後臨床試験

    より多数の患者

    治験を経て承認された薬が市販された後、より多くの患者様の治療で使われたときの効果や安全性を確認

ページのトップへ

PR