日本治験推進機構(JCPO)は2013年12月13日をもって解散いたしました。

e治験.com 日本治験推進機構

トップページ > 病気事典 > 一般内科 > メタボリックシンドローム

メタボリックシンドローム

気になる病気の症状・原因・予防

内臓脂肪型肥満症に加え、高血圧、脂質異常症(高脂血症)、高血糖のうち2つ以上を併発した状態をメタボリックシンドロームといいます。生活習慣病になる可能性が高まるため、生活習慣の改善が必要です。

  • 症状
  • 原因
  • 検査
  • 治療
  • 予防
  • 治験情報

メタボリックシンドロームの症状

メタボリックシンドロームとは

近年よく耳にするようになった「メタボリックシンドローム」とは、日本語で「代謝症候群」「内臓脂肪症候群」などと呼ばれ、内臓脂肪型肥満症に加え、高血圧、脂質異常症(高脂血症)、高血糖のうちの2つ以上を併発した状態のことをいいます。

メタボリックシンドロームとは

「最近、どうもおなかがポッコリしてきた」「血圧が上がった」「健康診断で医師から食生活に注意が必要だと言われた」・・・これらに身覚えがある人は、メタボリックシンドロームである可能性があります。
厚生労働省による平成16年国民健康・栄養調査によれば、40~74歳でメタボリックシンドロームが強く疑われる人の割合は、男性25.7%、女性10.0%、またその予備軍と考えられる人の割合は、男性26.0%、女性9.6%であり、この年齢層においては、男性で実に2人に1人が、女性では5人に1人がメタボリックシンドロームもしくはその予備軍であるということになります。

メタボリックシンドロームと生活習慣病との関係

メタボリックシンドロームは、様々な生活習慣病になる可能性を飛躍的に高めます。メタボリックシンドロームは、内臓脂肪型肥満症に加えて高血圧、脂質異常症(高脂血症)、高血糖のうちの2つ以上を併発した状態をさしますが、研究によって、肥満症、高血圧、高脂血症、高血糖はそれぞれ独立した病気ではなく、互いに影響しあって病状が進行するものであり、そしてその根本原因となるものが内蔵脂肪の過剰蓄積であることがわかってきました。

「肥満症」、「高血圧」、「高脂血症」、「糖尿病」を詳しく知りたい方はこちらをクリックして下さい。

肥満症 高血圧 高脂血症 糖尿病

タボリックシンドロームの他の特徴

タボリックシンドロームの他の特徴としては、動脈硬化が起こりやすくなることがあげられます。動脈硬化とは、血管内で血栓という血のかたまりが詰まり、血管が硬くなって血液の流れが悪くなる状態のことで、さまざまな動脈硬化性疾患(心筋梗塞、脳梗塞など)を発症する可能性を高めます。日本人の三大死因は、がん、心臓病、脳卒中とされていますが、それらのうち心臓病と脳卒中の2つは動脈硬化によって起こる動脈硬化性疾患であり、メタボリックシンドロームによってそれらの発生確率が高くなるおそれがあります。

ページのトップへ

メタボリックシンドロームの原因

メタボリックシンドロームの原因

メタボリックシンドロームの原因

おなかの周りにつく脂肪には、内臓脂肪と皮下脂肪の2種類があります。
内臓脂肪とは、おなかの中の内臓周辺に蓄積された脂肪で、男性につきやすく、いわゆる「りんご型肥満」の原因になるものです。
皮下脂肪とは、その名の通り皮膚の下に蓄積された脂肪で、女性につきやすく、いわゆる「洋なし型肥満」の原因になるものです。
メタボリックシンドロームの原因は内臓脂肪の過剰蓄積です。

内臓脂肪と皮下脂肪

内臓脂肪内臓脂肪
  • 内臓脂肪 ・内臓周辺に蓄積される脂肪
  • 男性につきやすい
  • 上半身肥満、いわゆる「りんご型肥満」につながる
内臓脂肪皮下脂肪
  • 皮下脂肪 ・皮膚の下に蓄積される脂肪
  • 女性につきやすい
  • 下半身肥満、いわゆる「洋なし型肥満」につながる

内臓脂肪の過剰蓄積のおもな原因は、乱れた食生活と運動不足です。

具体的には、過食や食事スタイルの欧米化(高脂肪・高カロリーの食事)などによりカロリーの摂取量が増加することと、運動不足による基礎代謝の減少が、内臓脂肪の過剰蓄積につながります。
その他にも、喫煙、飲酒、ストレスなどは、メタボリックシンドロームの進行につながるので注意が必要です。

ページのトップへ

メタボリックシンドロームの検査と診断

メタボリックシンドロームの検査と診断

メタボリックシンドロームの検

メタボリックシンドロームの検査では、問診、身体測定、血液検査、CT検査、血圧測定などが行われます。
また、メタボリックシンドロームに関連する病気(糖尿病、脂質異常症(高脂血症)、高血圧、心筋梗塞、脳梗塞など)の併発が疑われる場合は、それぞれの病気の検査を受けましょう。

メタボリックシンドロームの検査とその内容

検査名 検査内容
問診 自覚症状、既往症(過去にかかった病気)、家族歴、生活習慣、現在服用中の薬などについて医師が質問する
身体測定 身長、体重などを測定する
血液検査 血糖値、中性脂肪、HDLコレステロールなどを測定する
CT検査 X線により腹部の断面図を撮影し、蓄積された内臓脂肪の面積を測定する
血圧測定 収縮期血圧および拡張期血圧を測定する

メタボリックシンドローム診断基準検討委員会による「メタボリックシンドローム診断基準」(2005年4月 発表)によれば、日本におけるメタボリックシンドロームの診断基準は、内臓脂肪の蓄積を必須条件とし、それに加えて血圧、血糖、脂質の3つの選択条件の中 から2項目以上が該当することとされています。

メタボリックシンドロームの診断基準

必須条件 内臓脂肪の蓄積 ウエスト周囲径(へそ周囲経):男性85cm以上、女性90cm以上
(男女ともに、内臓脂肪面積が100cm2以上に相当する)
選択条件 血圧 収縮期血圧(最高血圧):130mmHg以上
拡張期血圧(最低血圧):85mmHg以上
(いずれか、または両方)
血糖 空腹時血糖値:110mg/dl以上
脂質 中性脂肪値:150mg/dl以上
HDLコレステロール値:40mg/dl未満
(いずれか、または両方)

ページのトップへ

メタボリックシンドロームの治療法

メタボリックシンドロームの治療法としては、食事療法、運動療法、生活習慣の改善があります。 中でも食事療法と運動療法は、メタボリックシンドロームの治療と予防の中心になります。

メタボリックシンドロームの治療と予防

頸椎メタボリックシンドロームと腰椎メタボリックシンドロームとで治療する部位は異なりますが、治療方法自体は基本的には同じです。メタボリックシンドロームの治療としては、保存療法と手術療法があります。基本的には保存療法が中心ですが、症状の改善が見られない、症状が重い、排尿障害や歩行障害の症状があるなどの場合には手術療法を行います。
具体的な治療方法については、以下の通りです。

食事療法

メタボリックシンドロームの治療と予防において最も重要なのが食事療法です。
過食はメタボリックシンドロームの大敵です。食べ過ぎは避けましょう。
次に脂肪分、塩分、糖質などの摂りすぎに注意し、健康的でバランスの良い食事、具体的には、肉類中心の欧米的な食事スタイルではなく、野菜中心の日本的な食事スタイルをこころがけましょう。
また、食べる時間帯や食生活サイクルの改善も重要です。1日3食、朝昼晩に規則正しく食事をすることをこころがけましょう。

運動療法

一般的には、食事療法とともに運動療法も行われます。
メタボリックシンドロームの原因である内臓脂肪は、皮下脂肪に比べ、運動によって減少しやすいという性質があります。また、運動には肥満の解消というだけではなく、血糖値の低減、ストレス解消といった効果もあります。
具体的には、20分以上の有酸素運動を行います。例としては、軽いジョギング、ウォーキング、サイクリング、エアロビクスなどがあげられます。
しかしながら、無酸素運動(激しい運動)では、内臓脂肪はあまり減少しないため、メタボリックシンドロームの治療としては不向きです。
運動療法は、かならず医師の指導のもとで行いましょう。

生活習慣の改善

メタボリックシンドロームの治療と予防には、生活習慣の改善も大切です。
とくにタバコに含まれるニコチンには血管を収縮させる作用があり、高血圧や動脈硬化を促進するので、メタボリックシンドロームや関連疾患を悪化させる原因となります。禁煙をこころがけましょう。
他にも飲酒やストレスは高血圧の原因になるので、適度な飲酒をこころがけ、また普段からストレスをためないように工夫しましょう。

生活習慣の改善の例
禁煙 禁煙
喫煙は高血圧や動脈硬化を促進するので、禁煙をこころがける
適度な飲酒をこころがける 適度な飲酒をこころがける
酒量をおさえる、休肝日をつくるなど
ストレスを解消する ストレスを解消する
趣味等によりストレスを解消する

※治療に当たっては、必ず専門医(内科、内分泌代謝内科、循環器科など)にご相談ください。

ページのトップへ

メタボリックシンドロームの治験情報

詳しくはお問い合わせください。

  • 関連する情報はありません

ページのトップへ

治験とは?

治験とは?

製薬メーカーが開発した薬剤を医薬品(お薬)として世に出す為には、事前に厚生労働省の承認・認可を得ることが法律で義務化されています。
この承認を得るために行う「治療を兼ねた試験」を「治験(ちけん)」と言います。
治験は、前臨床試験で有効性や安全性を十分に確認した後に、健康な人や対象疾患の患者様に対して実施されます。
私たちが普段使う薬は全て、多くの一般の方々が治験ボランティアとして治験に参加した結果、承認されたものです。
同じ悩みを持つ多くの患者様のためにも「治験」へのご協力をお願いいたします。

治験ボランティアとは?

治験に自発的に参加・協力していただける方を「治験ボランティア」と呼んでいます。
治験参加中は、交通費や検査等の負担を軽減する目的で、負担軽減費が支払われます。

治験の流れ

  • 第1相試験

    健康な成人

    安全性や吸収・排泄等の確認

  • 第2相試験

    少数の患者

    用法・用量の確認

  • 第3相試験

    多数の患者

    既存薬やプラセボ等との比較

  • 製造販売後臨床試験

    より多数の患者

    治験を経て承認された薬が市販された後、より多くの患者様の治療で使われたときの効果や安全性を確認

ページのトップへ

PR