日本治験推進機構(JCPO)は2013年12月13日をもって解散いたしました。

e治験.com 日本治験推進機構

トップページ > 病気事典 > 呼吸器系 > インフルエンザ

インフルエンザ

気になる病気の症状・原因・予防

インフルエンザは、インフルエンザイウイルスの感染によって起きる感染症です。かぜよりも症状が重く、高熱や関節痛などが急激に進行します。発病を防ぐには、予防接種を受けることが有効です。

  • 症状
  • 原因
  • 検査
  • 治療
  • 予防
  • 治験情報

インフルエンザの症状

症状はかぜと似ている、でも甘く見ていると死に至ることもある怖い病気です!

インフルエンザ

インフルエンザとは、インフルエンザウイルスの感染によって起こる病気です。主な症状としては、高熱(38~40度)や頭痛、筋肉痛、全身倦怠感などの全身症状と、のどの痛み、咳や痰などの呼吸器の急性炎症症状などがみられます。
インフルエンザは通常のかぜと比べ、症状が重く、全身症状も顕著に現れます。そのため、高齢者がかかると肺炎を併発したり、持病を悪化させたりして重篤になり、最悪の場合は死に至ることもあります。また、潜伏期間が短く感染力が強いことも特徴で、毎年、流行期の12月下旬から3月上旬にかけては多くの方がインフルエンザにかかっています。

症状の経過は?

症状の経過

インフルエンザウイルスに感染後、1~3日間の潜伏期間を経て、突然38~40度の高熱が出て発病します。それと同時に、悪寒、頭痛、背中や四肢の筋肉 痛、関節痛、全身倦怠感などの全身症状が現れます。これに続いて、鼻水、のどの痛みや胸の痛みなどの症状も現れます。発熱は通常3~7日間続きます。
健康な成人であれば一週間ほどで治癒に向かいますが、インフルエンザウイルスは熱が下がっても体内には残っているため、他人にうつす恐れがあります。流行を最小限に抑えるためにも、一週間は安静にしておくことが大切です。

高齢者は特に注意してほしい肺炎

高齢者は注意

インフルエンザの合併症としては、高齢者や呼吸器系や心臓に持病を抱えている人が併発しやすい肺炎、アスピリンとの関連が指摘されているライ症候群などが あります。また、インフルエンザと関連があると考えられていて乳幼児がごくまれに併発する脳炎や脳症もあげられます。これらの合併症はインフルエンザによる死亡の大きな原因にもなっています。
これらの合併症を併発しないための対応策としては、インフルエンザが流行する前に予防接種を受けることです。そうすれば、インフルエンザにかかったとしても症状が軽くすみます。
乳幼児がインフルエンザにかかった場合、脳炎や脳症を併発すると水分をとった後すぐ吐いてしまって元気がない、意識がはっきりせずうとうとしている、けいれんを起こすなどの症状がみられます。この場合はすぐに医療機関を受診してください。また、熱が高いからといって自己判断で、市販の解熱剤を服用させるのも控えてください。一部の解熱剤では脳炎などを引き起こしやすいといわれています。

インフルエンザと通常のかぜとの違い

インフルエンザと通常のかぜとの違い

インフルエンザも通常のかぜと同じだと思っている人はいませんか。
インフルエンザは通常のかぜよりも症状が重く、死に至ることもあります。また、短期間で大流行を引き起こすのも特徴です。

  通常のかぜ インフルエンザ
原 因
  • ラノウイルスなどのウイルス
  • クラミジア
  • マイコプラズマ
  • 細菌
  • 寒冷刺激
  • インフルエンザウイルス
感染力 感染力は弱く、ウイルスは徐々に増える 感染力が強く、ウイルスが気管の粘膜で急激に増加する。
主な症状
  • のどの痛み
  • 鼻がムズムズする
  • 水のような鼻水
  • くしゃみや咳
  • 腰痛
  • 38度以上の発熱
  • 頭痛、関節痛、筋肉痛などの全身症状
  • 鼻水
  • のどや胸の痛み
  • 下痢や腹痛
流 行 徐々に感染が広がっていく。 短期間に膨大な数の人に感染する。
死亡率 ほとんど変化なし。 65歳以上の高齢者の死亡率が普段より高くなる。
その他の 特徴 発熱もあるがインフルエンザほど高くなく、重症化することはめったにない。
  • 肺炎などを併発し、重症化することが多い。
  • 短期間に小児から高齢者まで感染が広がる。
  • 65歳以上の高齢者での死亡率が高まる。

ページのトップへ

インフルエンザの原因

インフルエンザの種類と特徴

インフルエンザの種類と特徴

インフルエンザウイルスは大きく分けて、A型・B型・C型の3種類があります。このうちヒトの世界で流行を起こし問題となるのは、A型とB型です。また、A型ウイルスは表面構造の違いによりさらに何種類かに分類されます。
現在は、A/H1N1(ソ連型)とA/H3N2(香港型)、及びB型の3種類が流行している他、鳥インフルエンザがヒトの体内で新型に変化した新型インフルエンザも流行しています。

種 類 性 質 流行の状況など
A 型 非常に変異しやすい 毎年流行するほか、爆発的な大流行がある。また、細菌性の肺炎を高率に併発するため高齢者は死亡するケースもある
B 型 変異しにくい 散発的に小流行を繰り返す
C 型 変異しにくい 症状は通常のかぜに似ているが、大きな流行は起こさない

ページのトップへ

インフルエンザの検査と診断

インフルエンザの検査と診断

インフルエンザの検査と診断

インフルエンザが流行する冬季には、インフルエンザ以外の感染症も流行します。そのため、正確な診断を下すためにはインフルエンザウイルスに感染しているかどうかの検査を行います。
最も確実な診断方法は、患者さんの咽頭をぬぐった液か、うがい液を採取し、ウイルス分離を行うことです。もう一つは、血液検査でインフルエンザウイルスの抗体価が上昇しているかどうかを確認する方法があります。これらの検査で、インフルエンザウイルスが検出されて確定診断となります。
ただし、これらの検査は結果が出るまでに時間(数日)がかかるため、現在ではすぐに(十分程度)結果が出る迅速診断キットを使用している医師も多くなっているようです。

ページのトップへ

インフルエンザの治療法

インフルエンザの治療方法

インフルエンザといえども十分な体力と免疫力があれば、通常のかぜより症状が激しいとしても自然に治ります。しかし、お年寄りや慢性の病気をお持ちの方は合併症を併発することが多いので、早いうちに医療機関を受診することが必要です。
また、早めに治療することは、自分の身体を守るためだけでなく、周りの人にインフルエンザをうつさないという意味でも重要なことです。
インフルエンザの治療は大きく分けて、一般療法、対症療法、化学療法の3つに分類されます。

一般療法

できるだけ安静にし、十分な睡眠と栄養を取り体力をつけることが必要です。また、水分を十分摂ることも大切です。まわりの人にうつさないためにマスクを着用し、職場や学校へは行かないようにしましょう。

薬物療法

薬物療法

発症から48時間以内に、ノイラミニダーゼ阻害薬などの抗インフルエンザ薬を服用します。抗インフルエンザ薬には内服薬、吸入薬、注射薬といったタイプがあります。
発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛などへの対症療法として解熱鎮痛剤を、鼻水、くしゃみに抗ヒスタミン剤、咳、痰に鎮去痰剤が用いられることもあります。しかし、これらの症状は身体からインフルエンザウイルスを追い出し治そうとする、身体の自然な反応ですので、薬で無理に抑えてしまうとかえって治りが遅くなってしまうこともあります。自己判断で薬は服用せず、医師の指示に従ったほうがよいでしょう。
また、小児の場合は解熱鎮痛剤を使用するとまれに、ライ症候群という合併症を併発することもありますので、必ず医師の指示のもとに服用するようにしてください。

抗生物質は無効

なお、インフルエンザウイルスに抗生物質は無効です。合併症の肺炎を引き起こしている方や、高齢者で肺炎を引き起こす可能性の高い方に対して予防的に使用する以外には、インフルエンザの治療では抗生物質は使用しません。

※治療に当たっては、必ず専門医にご相談ください。

ページのトップへ

インフルエンザの予防

インフルエンザの予防方法

インフルエンザは冬場に流行します。それは、インフルエンザが空気感染すること、冬場は空気が乾燥すること、また寒くて乾燥した空気は気道粘膜の抵抗力を弱めることなど全ての面でインフルエンザウイルスにとって好条件が整っているからです。
インフルエンザの予防は、流行前に予防接種を受けることですが、その他に日常生活で気をつけることもありますので実践してみてください。

予防接種編

予防接種

インフルエンザの予防接種を受けたら絶対にインフルエンザにかからないというわけではありません。成人の場合、インフルエンザの発病阻止率は70%~90%ぐらい、小児の場合はさらに低くなります。
このデータをみると、”なんだ、こんなものか。それじゃ予防接種してもしょうがないな。”と感じる方もいるのではないかと思いますが、予防接種とは、病気にかかりにくくしたり、かかっても重くならないようにすることが目的だとご理解ください。

接種時期 流行期をむかえる前の11月頃
接種回数 原則としては、1~4週間の間隔をおいて2回接種する方法ですが、下記の方は年1回の予防接種でも十分な免疫力が得られるといわれています。ただし、接種回数についての最終的な判断は、医師の決定に従ってください。
  • 65歳以上の方
  • 昨年予防接種を受けている方
  • 近年インフルエンザに罹患した方
費用 インフルエンザの予防接種は任意のため、接種費用は自己負担となります。1回の接種費用は3千円~5千円程度です。
接種したほうがよい人 65歳以上の高齢者、養護施設などに入居している慢性の病気を持つ方、気管支喘息をもつ小児などは重症化を防ぐために予防接種をしたほうがいいと思われます。
また、上記の方と同居している方、お世話している方も予防接種をおすすめします。
接種してはいけない人

接種してはいけない人

卵を食べるとひどいじんま疹や発疹がでたり、口の中が痺れたり等の卵アレルギーのある方は、予防接種を避けるか、医師と相談してから行う必要があります。
また、出産直後で体力が回復していない方も予防接種は控えたほうがよさそうです。

日常生活編

(1)流行期には人ごみを避ける
人ごみを避けるといっても、冬場外出せずにずっと家の中にいることはできませんよね。外出時はなるべくマスクをつけるようにしましょう。マスクを着用することによって、他人からの感染を防ぎ、また他人に感染させることも防ぐ効果があります。
(2)外出後は、うがい、手洗い、洗顔をする
うがい、手洗いはしている方も結構いらっしゃるのではないでしょうか。実は顔などにもインフルエンザウイルスは付着している場合があります。万全を期すためにも洗える部位はなるべく洗うよう心がけてください。
(3)室内の湿度を保つ
インフルエンザウイルスは乾燥した状態で活発に活動します。インフルエンザウイルスの活動を抑えるためにも加湿器などを使って部屋の湿度を保ちましょう。その際、定期的に室内の換気も必ず行なってください。
(4)体力を保つ
体力が低下していると、インフルエンザウイルスに感染しやすくなります。バランスのとれた食事、十分な睡眠、そしてあまり厚着をしないように心がけてください。

ページのトップへ

インフルエンザの治験情報

詳しくはお問い合わせください。

  • 関連する情報はありません

ページのトップへ

治験とは?

治験とは?

製薬メーカーが開発した薬剤を医薬品(お薬)として世に出す為には、事前に厚生労働省の承認・認可を得ることが法律で義務化されています。
この承認を得るために行う「治療を兼ねた試験」を「治験(ちけん)」と言います。
治験は、前臨床試験で有効性や安全性を十分に確認した後に、健康な人や対象疾患の患者様に対して実施されます。
私たちが普段使う薬は全て、多くの一般の方々が治験ボランティアとして治験に参加した結果、承認されたものです。
同じ悩みを持つ多くの患者様のためにも「治験」へのご協力をお願いいたします。

治験ボランティアとは?

治験に自発的に参加・協力していただける方を「治験ボランティア」と呼んでいます。
治験参加中は、交通費や検査等の負担を軽減する目的で、負担軽減費が支払われます。

治験の流れ

  • 第1相試験

    健康な成人

    安全性や吸収・排泄等の確認

  • 第2相試験

    少数の患者

    用法・用量の確認

  • 第3相試験

    多数の患者

    既存薬やプラセボ等との比較

  • 製造販売後臨床試験

    より多数の患者

    治験を経て承認された薬が市販された後、より多くの患者様の治療で使われたときの効果や安全性を確認

ページのトップへ

PR